パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

もっとお魚を食べたい!

パレオダイエットは、肉食のイメージがありますが、実は、そんなにお肉がメインではない事がわかりました。

私が、フォローしてるパレオダイエッター医師のBallantyne氏は、最低週に3回は魚介類からのタンパク質摂取を勧めていますし、基本どのパレオダイエットも質の良いタンパク質摂取です。他の方のパレオダイエット本でもオメガ3脂肪酸が摂れるので魚介類を推奨していますし、お肉は、オメガ3脂肪酸を含むグラスフェッドや食べる部位も指定しているのがほとんどです。なので、普通の飼料で育ったお肉よりは、天然の魚介類が理想みたいですが、これは、アメリカだと難しいです。

私たちが住むエリアでは、美味しいお魚は買えません。1時間近く高速を走らせればまだ手に入りますが、お値段も相当します。
なので、魚介類は私たちには高級品です。週に3回は厳しいですが、なるべく週に2回はお魚、たまに帆立、イカ、海老の冷凍品などを利用していますが、青魚は新鮮な物がなかなか手に入りません。私たちが買える天然物だと、たら、マヒマヒ、サーモン位です。スズキもあるんですが、高くて手が出ません。たらは、日本のたらと全然違って本当に美味しくありませんでした。養殖だと、マグロ、ヒラメ、マス、ティラピア、なんていうのも見かけますが、アメリカの養殖魚は危険と聞いているので避けてしまいます。

美味しいお魚があまり手に入らないアメリカ南部に住んでいた時には、アラスカで日本人向けへ魚介類を切り身、干物や西京漬けなどに加工している会社からお取り寄せをした事も何度かあったので、またそこからお取り寄せしてみようかなと考えています。


青魚に多く含まれる脂肪酸DHAEPAは本当に体にいいみたいですね。よく、DHAは、脳にいいと聞きますが、中性脂肪を減らしてくれたり、オメガ3脂肪酸なので、炎症を抑えたり、精神安定や睡眠に関わるセロトニン量も増やしてくれるそうです。EPAは、中性脂肪を体の中に入り込むのを防ぐとか、食欲を抑える効果があるそうです。
やっぱり、青魚を積極的に食べたいけど、なかなか簡単に手に入らないのが現実。そう思うと、日本の方がパレオダイエットにはいい食材が豊富な気がします。


1時間高速を走れば美味しい日本食屋さんもありますが、平日しかランチをされていないので滅多に行けません。
ここの塩鯖定食が私のお気に入りです。