パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

恐怖のハロウィン

 

パレオダイエットを始めてから、最も参加したくなかったイベントのハロウィンがやってきます!

 

毎年、当たり前の様にキャンディーを近所の子供達のために用意しています。

もちろん我が家の子供達も1年分くらいありそうな量のキャンディーを頂いてきます。

 

パレオダイエットを始める前からも子供達が、キャンディをもらい過ぎている事に疑問を持っていました。数年前からは、絶対に食べたいキャンディーだけを10点選ばせて、残りは近所の子供達用にすぐにその場で寄付してもらっていました。

 

今年はキャンディーをあげる側としてもなんだか複雑な気持ちです。ここ最近の健康志向ブームもあり、キャンディーではなく消しゴムや鉛筆、シール、みかんやハードプレッツェル、レーズンなど少しでも健康的な物をとキャンディー以外の物を用意する家庭もありますが、かなりの数を用意しないといけないので我が家はついつい安価なキャンディーになってしまいます。今年は、オーガニックキャンディーとチーズ味のスナックも一袋づつ用意しました。

 

f:id:PaleoFamily:20181031095240j:image

 

我が家の子供達も仮装して近所の家々を周り、キャンディーをもらう"trick-or-treating"を楽しみにしているのでもちろん行かせてあげる予定ですが、今年は頂いてきたキャンディーを自分たちでどうしたいか決めさせようと思っています。

 

ハロウィンの夜に大量の砂糖を摂取した子供達はきっとシュガーハイで寝付けなかったり、怖い夢をみるかもしれませんね。

 

おまけですが、アメリカのバーガーキングでは期間限定の”Nightmare King"という悪夢のハンバーガーが販売されているそうです。

 

食べ物と夢や睡眠の関係は、私自身も子供達ですら体感していますが、やはり研究でも証明されているようですね。主人、子供達、そして私は、糖質を摂り過ぎた日は高確率で嫌な夢をみます。

 

では、このバーガーキングのナイトメアキングはどんなハンバーガーなのでしょうか?

気になりますが、絶対に食べたくないのでちょっと調べてみました。

 

このハンバーガー、なんと食べると悪夢を見る確率が3.5倍もアップするのだという事が臨床実験で証明されたそうです。

 

その秘密は、たんぱく質とチーズの配合だそうです。緑色に着色されたバンズに、ビーフ、クリスピーチキン、ベーコン、アメリカンチーズがサンドされているそうです。

 

たんぱく質と炭水化物の摂取量が睡眠に大きく関係しているのは事実らしいのですが、このハンバーガーを食べたからといって、必ず悪夢を見るということはないかもしれません。でも、アメリカらしいハンバーガーだなと思いました。

 

明日のこちらのハロウィンはどうなるかドキドキです。

 

 


Burger King introduces the 'Nightmare King' for Halloween