パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

デイライトセービングと睡眠

日本は、今日が3.11ですね。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、今現在も避難生活をなさっている方々にお見舞い申し上げます。

 

ヤフーの検索で、3月11日に「3.11」と検索すると、10円が復興支援として寄付されます。

 

fukko.yahoo.co.jp

 

アメリカは、今日はまだ10日ですが、明日の日曜からはデイライトセービングで、時計の針を1時間早めなくてはいけません。毎年、3月の第二日曜日から、11月の第一日曜日までです。なので、また11月には1時間時計の針を戻さないといけません。

 

アメリカに住んで12年ですが、このたった1時間の時差に身体が慣れるのに数日かかるので、軽い時差ボケみたいな感覚がします。本当に止めて欲しいシステムです。サマータイムの様な感じで、日照時間が長くなるのを利用して、電力消費を減らす為などと聞きますが、本当に電力消費量に大きな差があるか疑問に思ってしまいます。

 

このシステムのせいで、身体が慣れるまでの数日間、睡眠にも影響が出てしまいます。

元々低血圧なので、朝はすごく弱いんです。パッと起きられなかったし、朝からご飯を食べられなくて、今まではコーヒーだけでした。

 

ラベンダーの香りのアロマオイルやスプレーを寝る前に使ってリラックスしたり、目覚まし時計も二つ使っていました。一つは普通ので、これを先に鳴るようにセット。もう一つは、セットした時間の30分前になると明かりが薄っすら点いて、段々と陽が昇る様に明るくなって、時間になると波の音や鳥のさえずり、川の流れ、ピアノや弦楽器のクラッシックなどから選べる音が流れる時計とダブルで使っていて、そこからまたベッドで20分位しないと起き上がれませんでした。

 

f:id:PaleoFamily:20180311033749j:image

 

そんな私がパレオ食に切り替えて1カ月でほぼ毎朝、目覚ましが鳴る30分も前に

目がぱっちり覚めてしまいます。なんだぁ、まだ時間あるのにって思ってしまいますが、気分がスッキリでちゃんと起きられるのです!

 

睡眠時間も以前は最低8時間は寝ないとスッキリしませんでしたが、今は、6時間で目覚め、夜もちゃんと眠くなります。本当は、もっと早くに寝た方がいいのですが、子供たちが寝た後は自分に使える貴重な時間なので、夜更かししてしまっています。これは、パレオダイエット的にはNGなんですが、自分ではしっかり睡眠が取れていると感じているので良いかな。

 

明日からの時差に、身体が今までより早く対応できるか、パレオダイエット前との変化があるかどうかも気になりますが、寝る前には家中の時計と車の時計の時間を変えておかないと。スマホみたいに自動で切り替わってくれたら楽なんだけど…。