パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

カリフラワーライス

昨日からのお米のトピックがまた続きますが、パレオダイエットでは、基本的に穀物摂取がNGなので、パレオダイエットのレシピ本には、お米の代わりにカリフラワーライスを使っています。

 

カリフラワーライスって言っても、ただのカリフラワーのみじん切りです(笑)。ですので、日本人からしたら、お米と思ってなんてとても食べられませんが、慣れてくるとこれはこれで意外と美味しいんです!

 

2年程前からスーパーで袋入りで売られているのを目にしていました。最近では、ブロッコリーライスも見かけます。パレオ一家は、これをフライパンで軽く蒸し炒めにして使います。

ビビンバや親子丼の具を乗せて食べると美味しいです。トマトソースと野菜とシーフードを乗せてスキレットで火を通してパエリア風にしたり、トマトペーストとチキンやみじん切り野菜と炒めて、卵を巻いてオムライス風やチャーハン風にしたり。溶き卵と混ぜて、クッキングシートを敷いた天板に流して薄く焼いて、その上にトマトソースとお好みの具で、オムレツピザ風にしたりと色々楽しめます。 

 

後、カリフラワーは、マッシュポテトの代用にもパレオダイエットでは使われています。カリフラワーの房を茹で、フードプロセッサーで撹拌し、味付けして出来上がり!ちょっと水っぽくなるので、気になる場合は、じゃがいものマッシュポテト一つ分くらいと混ぜると、ポテトだけで作ったマッシュポテトぽくなります。ポテトサラダを作る時にもカリフラワーのマッシュを混ぜると糖質は減らしながらも栄養はアップできます!厳しいパレオダイエットでは、じゃがいももNGなんですが、栄養もあるのでフライドポテトみたいに高温調理しないで、茹でたり、煮たりしたら安心みたいですよ。皮や芽には毒素があるので、必ず処理した方がいいそうです。

 

カリフラワーは、ビタミンCが豊富なのでお肌にも良いし、アブラナ科のお野菜なので、免疫機能を高めて、ガンの発生を抑えると言われるイソチオシアネートが含まれています。

他のアブラナ科のお野菜のキャベツ、芽キャベツ、ケール、青梗菜、ブロッコリーなども体にいいのでなるべく毎日摂るようにしています。

 

f:id:PaleoFamily:20180228041656j:image