パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。パレオ栄養士ディプロマを取得し、パレオダイエットで家族と自分の健康維持を目指しています。

パレオティラミス

週末になると家族と自分へのご褒美としてパレオデザートを作ってしまう私。

 

今日は、初めてティラミスをパレオダイエット仕様で作ってみました。レシピを見たわけではないので、完全オリジナルです。

 

f:id:PaleoFamily:20190119151007j:image

 

フィンガービスケットを絞り出す作業が面倒だったので、天板に生地を流して焼いてからカットして使いました。生地はもちろんグルテンフリー、低糖質です。

 

 

f:id:PaleoFamily:20190119151025j:image

 

 

エスプレッソは、マキネッタで淹れます。20年前にイタリアで買った愛用品。イタリア人の中年ご夫婦のお宅にホームステイさせてもらいましたが、その時に淹れ方を教わりました。エスプレッソは、そこのお宅のマンマはKIMBOというエスプレッソを使っていましたが、アメリカではオンラインじゃないと買えません。スーパーで買えるのは、アメリカではillyが主流です。私は、LAVAZZAというもう少し安いエスプレッソをずっと買っています。これににメープルシロップを少しとラム酒を少し足しました。これをフィンガービスケット代わりの生地に浸します。

 

 

f:id:PaleoFamily:20190119151049j:image

f:id:PaleoFamily:20190119152814j:image

 

 

クリームは、カシューナッツ&ココナッツクリームベースにして、ゴートミルクヨーグルトも少し加えました。

 

これを型に二層にして、ココアパウダーを振りかけ、冷蔵庫で冷やして完成。

 

f:id:PaleoFamily:20190119151111j:image

 

ティラミスとは、イタリア語で「天に昇るような」という意味だとイタリア人マンマに教わりました。本場のティラミスはマスカルポーネチーズに卵黄を使ったリッチなお菓子で、確かに食べたら気分は上昇してしまいますね(笑)。