パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。パレオ栄養士ディプロマを取得し、パレオダイエットで家族と自分の健康維持を目指しています。

パレオクリスマス 2018

2018年、パレオ一家のクリスマスランチ。

 

f:id:PaleoFamily:20181227151502j:image

 

朝起きてからゆっくりみんなでプレゼントを開けていたので、バタバタしながら短時間で簡単に作った物ばかりのクリスマスランチです。

 

ハムはオーガニックスーパーで買った物を焼いて、お肉の消化を助けるパイナップルと一緒に出しました。

 

f:id:PaleoFamily:20181227151933j:image

 

 

後はみんなからのリクエストです。

 

子供たちからのリクエストは、マカロニチーズです。完全なパレオではありませんが、パレオフレンドリーなマカロニチーズにするためお米のマカロニで作りました。ソースはもちろんチーズなしです。このソースは、カリフラワーと人参のピューレにニュートリショナルイーストを混ぜています。

 

 

f:id:PaleoFamily:20181227151947j:image

 

息子からのリクエストはサンクスギビングにも作ったグリーンビーンキャセロール。上にトッピングするフライドオニオンも手作りです。ソースのとろみにはキャッサバ粉を使っています。

 

主人からのリクエストはビーツのマリネ。普段から食べている物なので特別感はありませんが、カリフラワーをスライスした物をプラスしました。

 

f:id:PaleoFamily:20181227152007j:image

 

そして、三人からのリクエストがクラムチャウダーでした。インスタントポットという一台で9つの機能がある電気調理鍋を使いました。材料を投入して5分で仕上がります!

 

事前に焼いておいたシュトーレン。そして、私の好きなゴートチーズにベジスティックとパレオフレンドリーなクラッカーです。

 

f:id:PaleoFamily:20181227152029j:image

 

初めてのパレオクリスマスでしたが、あまり手の込んだ料理はできませんでした。でも、今年も無事にクリスマスを迎えることができて本当に良かったです。

 

次はお正月ですが、メニューに悩みます。パレオ対応にするのは難しいと思うので、パレオフレンドリーで作ろうか考え中です。