パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

パレオダイエット中の機内食

昨日、アメリカから無事に日本へ帰国しました!

 

毎年夏には里帰りしていますが、成田空港へ着いて、検疫、入国審査を通る前の階段の所に書かれた「おかえりなさい」の文字を見る度にホッとします。

 

毎回利用しているANAは、パレオダイエットではないのでしたら、機内食は良い方だと思います。他のエアラインを最近は利用していないので過去の記憶からしか比較できませんが、ANAは、毎回和食メニューのチョイスもありますし、デザートにハーゲンダッツのアイスも出ます。

 

腸が敏感な娘と私は、今回、普通食はやめておいて特別食のフルーツプラターとロービーガンをお願いしておきました。

 

特別食だと普通のお食事よりも早く持ってきていただけます。

 

この二つを娘と私でシェアしたのですが、ロービーガンの方は少し残念な内容でした。

 

小さめの器が3つ並んでいて、人参、セロリスティック、輪切りきゅうりにミニトマト。その隣に黄色ズッキーニとラディッシュ。その隣が刻んだレタス、レモン。メインの器がレタスにくし切りトマト、レタス輪切りパプリカ三色、レモンでした。ドレッシングはないので、レモン汁を絞って頂きます。

 

f:id:PaleoFamily:20180615043201j:image

 

 

小さい器のレタスミニトマトが違う内容だった良かったです。そして、ラディッシュは辛味が強く一個しか食べられませんでしたし、生のズッキーニも食べられず。

 

フルーツは、オレンジ、ルビーグレープフルーツ、りんご、スイカ、キウイ、メロン、パイナップル、バナナ。どれも甘くて美味しかったです!

 

f:id:PaleoFamily:20180615043144j:image

 

お食事中のドリンクは、茅乃舎の野菜だしスープをいつもチョイスしていて、今回は、スパークリングウォーターも飲みました。機内では、血流が悪くなるので、血行を良くしてくれるスパークリングウォーターはいいそうです。

 

パレオダイエット中の機内食は、ちょっと難しいと感じました。今回、私は娘とシェアできたので、フルーツも野菜もたっぷり摂れましたが、一人だったら何を選べばいいか悩むと思います。フルーツと野菜のプレートがあったらいいなと思いました。

 

そして、タンパク質には、持参したパレオスナックのチキンを食べました。これでお腹はいっぱいになり、2度目のお食事は全く手をつけられませんでした。まあ、以前から2度目はお腹がいっぱいで食べられない事がほとんどなんですが。

 

という事で、パレオダイエット中の機内食は何を食べても大丈夫なら、諦めて好きな物を楽しむ。そうでなければ、沢山種類のある特別食から自分で食べられそうな物を選んで事前にオーダーしたり、機内に食べられる物を持ち込んで食べきるとかでしょうか。

 

パレオダイエットでは、やはり諦めも必要な時もありそうですが、健康上の理由で食事の制限がある方の旅行は大変だろうなと思いました。