パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

外食問題

パレオダイエットを始めた頃は、外食をしてもパレオダイエットっぽいメニューを選んで食べていれば体に悪い反応が出る事はありませんでしたが、
ここ最近では、体に合わない物が入っていると顔が痒くなってしまいます。


結果、外食も気をつけて選ばないといけなくて、ほとんどしなくなりました。


ただ、困るのがお出かけした時や旅行中の食事です。
大都市にならパレオ対応のお店も探せるのですが、私たちが住む近場にはグルテンフリーやベジタリアン対応はあってもパレオ対応のレストランはありません。


昨日のメジャー観戦でもランチはお弁当を持って行きましたが、夕飯は帰宅してから作る時間があると思っていたので、何も下準備もせず出かけてしまいました。

結局試合が終わったのは夕方。

それから、帰宅途中についでの用事を思い出してそれを済ませなんてしていたら、結局夕飯時になってしまいました。

子供達はお腹が空いたと言うし、私も正直野球観戦のお弁当だけでお腹が空いていました(笑)。

次の日は学校なので、早く済ませられるように食事をして帰ることになりました。


私と娘は、オーガニックスーパーのサラダバーが1番安心と提案しましたが、息子がどうしても「パネラブレッド」というチェーン展開しているカフェベーカリーのスープとサラダを食べたいと譲らず。


すぐ近くにちょうどパネラブレッドもあったので、そこで夕食となりました。

付け合わせのパンをりんごに変えてもらえるので、まあ、サラダとりんごなら大丈夫かなと思っていました。

息子と主人はスープ、サラダとりんごをチョイス。
私は、大きなサラダを注文して、娘とシェアして食べました。

サラダはすごいボリュームで、なかなか美味しくて、娘もモリモリ食べていました。


帰宅してからも体に反応が出なかったので、安心して就寝。


それが今朝、両頬が痒いんです。痒くて顔が赤くなってしまいました。
そして、久しぶりの疲労感。これは一体なんでしょう・・・。


サラダに入っていたのは、ケールやロメインレタス、ベビーほうれん草などのミックス、トマト、ゆで卵、酢たまねぎ、アボカドでした。
ベーコンビッツもトッピングされるのですが、これは抜きでオーダーしました。なので、考えられるのはドレッシング?
でも、そんな反応が出る程大量じゃないし。

お店のホームページで原材料を詳しく見てみましたが、サラダなので思っていたほど悪い物は入っていませんでした。ドレッシングには、気になった材料で、よくない油、乳製品と添加物がありました。やっぱりドレッシングなのかな。


何が原因かわかりませんが、私の場合はちょっと外食も慎重に選ばないといけないかもしれません。


一応、前回の外食でも2時間後に顔が痒くなったので、食べた物を写真に残すようにしています。


今日はデトックスさせるために、お水を沢山飲んで、お昼も生野菜中心に、おやつはプロテインスピルリナのパウダーをアーモンドミルクに入れて飲み、夕飯は、コールドプレスジュースにアムラベリーを入れて飲みました。

これで明日には赤みが消えているといいのだけど。


主人や子供たちは影響ない様なので、私の体質がものすごく過敏になってきているようです(涙)。