パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

パレオダイエットカレー

カレーライス

我が家はみんな好きなんですが、パレオダイエットを始めてからは、カレーライスを作っていませんでした。

市販の一般的なカレールーには小麦粉やその他添加物も入っているのでパレオダイエットを始める前も使っていなくて、米粉無添加のルーをたまに実家から送ってもらったり、自分で作ったりしていました。

娘は日本のカレーが好きで、カレーが食べたいとリクエストしてきたので、パレオ食材のキャッサバ粉でとろみをつけて作ってみました。

分量などは適当なのでレシピはないのですが、

作り方の行程は、最初にギーバターでお肉を炒めて軽く塩を振り、そこに人参を入れさっと炒めたらお水を加えて柔らかくなるまで煮込みます。別のお鍋に、ギーバターを熱し、玉ねぎとニンニクのみじん切りをきつね色になるまでよく炒め、そこにキャッサバ粉、カレー粉やお好みのスパイスを加えてよく混ぜます。りんごのすりおろしも加えると甘みが出ます。そこへ、別に煮込んだお肉と人参を煮汁ごと入れます。煮汁は一気に入れないで、炒め玉ねぎの鍋をかき混ぜながら、とろみ具合を見ながら足していきます。お塩で味をみながら、ココナッツアミノやトマトペーストなど足して、子供向けの甘口に調整しています。


私のここ最近の夕食はコールドプレスジュースなので、カレーは味見だけ。キャッサバ粉でうまくとろみが出ました。
このルーに、白米、カリフラワーライスとブロッコリーのみじん切りも混ぜて出すと、久しぶりのカレーだとみんな喜んで食べてくれました。