パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

パレオスイーツ対決

4月からの毎週日曜に、週末のお楽しみスイーツを家族で順番に作って競う事になりました。もちろんパレオダイエットの物です。

 

息子の提案で決まったのですが、私はいつも作る側なので、作らずにジャッジになる様に言われました。

 

娘が今月最初の日曜に挑戦しました。元々お菓子を作るのも食べるのも大好きですが、乳製品がNGなので、彼女はアメリカンなタイプの焼き菓子をたまに作っています。

 

この日も、自分でレシピを見ながら最初にパレオダイエット対応のチョコレートのスポンジを焼きました。その後、ココナッツマカルーンを作り始めたのですが、初めてだったので、これだけは私が少し手助けしました。でも、材料を全部混ぜてからスプーンで生地を天板に乗せて焼くのは娘だけでやりたがったので、私は監督として見ていました。

 

冷めたらチョコレートケーキの上にココナッツマカルーンを乗せていきました。ちょっとシンプル過ぎな様で、何かソースをかけてみるようアドバイスしたら、マンゴーソースをかけるといい、マンゴーとレモン汁をピューレにして仕上げました!組み合わせも彼女のオリジナルですし、美味しかったです!

 

f:id:PaleoFamily:20180417140913j:image

 

 

 

 

その次の週は、息子が作る事に。彼は、作りたいデザートを紙にスケッチまでして考えていました。彼にとっては初めてのスイーツ作りだったので、正直心配でした。

 

苺のタルトを作りたいということだったので、レシピを渡し、作り方は説明してあげました。初心者なので、加熱しないローデザートに決まり、中のクリームは、以前作ったバナナジェラートをクリームの代わりに使う事になりました。初めてでも、工程が全部簡単なのであっという間にできちゃいました。ナッツとドライフルーツを撹拌した生地をタルト型に押し付けていく作業がちょっと大変そうでしたが、何とか自分でできていました。

 

 

paleofamily.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:PaleoFamily:20180417140952j:image

 

 

そして、この間の日曜は、主人が挑戦しました!お料理は、本当に気が向いた時しかしてくれませんが、クリスマスには、家族みんなでクリスマスクッキーを焼いたりするので、何か作るのは嫌いではないようです。

 

今回は、ブルーベリータルトをローケーキで作ってくれました。私は、子供達の時にはキッチンで見守りましたが、主人の時はキッチンにも入らずノータッチでした。

 

 

f:id:PaleoFamily:20180417141009j:image

 

 

 

 

結果は、娘  9点

    息子 10点

    主人 9.5点

 

となりました。

 

娘は、チョコレートケーキだけで十分美味しかったので、ココナッツマカルーンはなくても良かったかなと思い、1点マイナス。せっかく作ってくれたんですが、完食しないと悪いと思い頑張って食べたら、お腹が苦しかったです。

 

 

対して息子は自分でスケッチから起こし、コンビネーションもオリジナルで、味もさっぱりで美味しかったので満点でした!

 

主人のケーキも、生地はナッツとドライフルーツ。フィリングは、ブルーベリーとカシューナッツクリームで美味しかったんですが、上にトッピングもなくシンプル過ぎたので満点には及ばず。味は満点に近いくらいに美味しかったんですが、やっぱり子供に勝たせてあげたくなってしましました。

 

息子のアイディアで始めたパレオスイーツ対決、私は味わうだけでいいとこ取りだと思っていたら、優勝の品が欲しいとおねだりされてしまいました〜。まあ、美味しく頂いたので仕方ありませんね。