パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

ズッキーニでパレオパスタ

アメリカではここ数年、spiralizerという野菜をスパイラルの麺状にスライスしてくれる調理器具が人気みたいです。
パレオダイエットや糖質制限のケトダイエットを実践されている方には所持率高そうです。

私たちは、今年1月からパレオダイエットに切り替えたので、それ以前はグルテンフリーのパスタを食べていました。
アメリカには、玄米粉やキヌアの粉、お豆や穀物の粉で作ったグルテンフリーのロングパスタもショートパスタもスーパーで手軽に手に入ります。
そのため、以前はこのスパイラライザーには興味がなかったのですが、穀物、豆類は基本的に摂取しないパレオダイエットをしている今では、市販のグルテンフリーパスタはN Gとなってしまいました。以前、キャッサバ粉で作った手打ちパスタは、労力の割に味は今ひとつといった感じだったので、また作るのも気が進まず…。

paleofamily.hatenablog.com


最近、オーガニックのズッキーニがお店に並ぶ様になり、野菜麺の定番のズッキーニパスタを試してみたくなりました。
スパイラライザーを買っても気に入らなかったら無駄になってしまうので、とりあえずお家にある千切りスライサーで自分用のランチに作ってみました。
オーガニックのズッキーニは小ぶりなので二本使いましたが、普通のズッキーニなら、1本で一人前分ぐらいの量になると思います。千切りスライサーでスライスして、火を通さずにお塩を少し振りかけて混ぜておきます。これにお好みのソースを和えて完成。何とも簡単なお料理とも呼べない様な一品です(笑)。ソースは、チーズを使わない、カシューナッツのチーズ風味ソースを和えていただきました。お水に1時間ほど浸しておいたカシューナッツにアーモンドミルク、お塩、ニュートリショナルイースト、レモン汁、にんにく、オリーブオイルをミキサーで混ぜるだけ。火も使わないので、暑い夏に作るにはピッタリかもしれません。


お味は、もちろんズッキーニなのでパスタのモチモチ感はありませんが、パスタと考えずに別物と考えて食べたら美味しいです!
加熱していないので、酵素もたっぷり摂れます。ズッキーニのカロテンは、油と摂ると吸収が増すらしいですし、熱を加えると甘みが増すお野菜なので、油でさっと炒めてソースと和えても良いかもしれません。今度は、違うお味のソースで絶対作ろうと思います!

アメリカでは、健康志向の方のためにズッキーニパスタや大根ラーメンなんていう、お野菜麺のオプションを提供しているレストランも見かけました。
スパイラライザー、買おうか迷っています。頻繁に使うかどうか、お野菜麺以外に使い道はあるかを考えて検討してみようと思います。