パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

パレオダイエットパスタ

パレオダイエットでは、グルテンフリーの穀物麺やお豆の粉でできた麺も使えません。パレオな麺類で、パレオ一家が手に入れられるパレオ麺は、蒟蒻でできた麺か、韓国料理に使われるさつまいもでできた麺ぐらいでした。蒟蒻の麺は、あまり美味しいとは言えませんでした。さつまいもの麺は、チャプチェを作るのには美味しいのですが、パスタ向きではない。でも、やっぱりパスタも食べたい!そこで、この前初めて使ってみたキャッサバフラワーで手打ちパスタを作りました。

 

 

paleofamily.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:PaleoFamily:20180217101540j:image

 

グルテンを食べても体がなんともなかった頃は、小麦粉で手打ち麺を作っていました。材料は、キャッサバ粉、卵、塩、お水、アボカドオイルだけです。小麦粉のパスタと比較して、少し扱いづらい印象でした。短く切れてしまった所もありますが、見た目はなんとか手打ちのタリアッテレになりました。

 

沸騰したお鍋で2分程茹でて、シンプルにトマトソースを和えていただきました。みんなは、美味しいと喜んでくれましたが、私にはちょっと食感にザラつきがあったのが気になりました。どうしてもパスタが食べたい時にはまた作るかも知れませんが、労力の割りにはイマイチでした。

 

f:id:PaleoFamily:20180217102617j:image