パレオ一家の日記

4年間のお肉、乳製品なしのベジタリアン生活で糖質過多になってしまい、皮膚の炎症、関節炎、アテロームなど様々なトラブルが現れ、パレオダイエットを始めたら劇的に改善。現在アメリカでパレオ栄養学を通信教育で勉強中。腸内環境のバランスを良くする食生活にも心がけています。

パレオダイエットのチョコレート

チョコレートが大好きなパレオ一家のパントリーにはチョコレートが常にストックしてあります。でも、パレオダイエットを始めてからは、カカオ99%や100%のチョコレートに切り替えました。元々、ダークチョコレート好きな息子と私には、甘さがなくてもカカオの味と絶妙な酸味だけで充分満足なんですが、主人と娘は、ダークチョコレートは苦手なので、今年は、はちみつの甘さのパレオチョコレートファッジとさっぱりな甘さのケーキを作りました。

 

チョコレートは、以前健康食品のスーパーで買ったパレオチョコレートの原材料を真似て、自分の配合で適当に作ってみました。溶かしたココナッツオイル、先日ブログで紹介したバニラギー、ココアパウダー、ココナッツフラワー、はちみつを混ぜてハートの型に流し、冷蔵庫で冷やしたら完成!すっごく簡単ですが、チョコファッジの様な食感と甘さ。甘党の主人も娘も気に入ってくれました。

 

f:id:PaleoFamily:20180215061114j:image

 

そしてもう一つは、先月に試作をして好評だったケーキをハート型で作りました。

これは、三層の火を通していないローケーキです。一番下のクラストは、ドライフルーツとナッツを高速ブレンダーで攪拌した物をハート型に敷き、その上にアボカド、ココアパウダー、バニラエッセンス、メープルシロップ、溶かしたココナッツオイルを攪拌したムースをクラストの上に乗せ、最後にはちみつチョコファッジと同じ物を流して、ココナッツファインとフリーズドライの苺をトッピングして冷蔵庫で冷やして完成です。

 

初めて作った時は、アボカド?ってビックリしましたが、子供たちも主人もアボカドだと全く分からなかったそうです。さっぱりしたチョコムースの様な感じです。チョコレートもケーキも甘さは、はちみつやメープルシロップを少量しか使っていないので、身体も喜ぶスイーツだと思います!

 

f:id:PaleoFamily:20180215062132j:image